新着情報

科学部数学班「メビウスの輪」研究中です!

 科学部数学班では、マスフェスタを目指して「メビウスの輪」をテーマに研究をしています。メビウスの輪は、帯状の長方形の片方の端を180°ひねり、他方の端に貼り合わせた形状の図形です。模造紙で工作をして、様々なパターンに試行錯誤しながら取り組んでいます。

 ※ マスフェスタとは全国数学生徒研究発表会。大阪府立大手前高等学校(SSH指定校)が主催する数学を学習・研究する生徒の発表・交流の場。

   DSC01089.JPG  DSC01090.JPG

SSH   2020/08/11

徳高ジャーナルの更新(ボランティア清掃活動)

徳高ジャーナル(ボランティア清掃活動)の記事を更新しました。

更新情報   2020/08/05

科学部生物班観察日記

 科学部生物班では水槽をいくつか置いていますが、このたび新しい仲間が加わりました。  

 まず、マナマズ(ナマズ目ナマズ属 ニホンナマズとも)です。頭部が平べったく、口ひげが特徴です。連日の暑さでおとなしくしていますが、とても食欲旺盛です。餌は生きたミミズを与えています。  

 次に、ウナギ(ウナギ目ウナギ属 ニホンウナギとも)です。現在は体長5cmくらいで、半透明からやや白っぽくなっており、レプトケファルスを過ぎ、シラスウナギの段階と考えられます。

 今後、これらを飼育しながら、生態や行動について実験したいと考えています。

 

P7170014.JPG  P7170011.JPG   

 

SSH   2020/07/29

水質調査(科学部化学班)

 科学部化学班3年次生は3年間の活動の集大成として、水質調査の実験に取り組みました。

 1、3年合同男子チームは硬度の測定(EDTAによるキレート滴定)に取り組みました。1年次生にとっては初めての実験でしたが、3年次生の熱心な指導により実験やデータ処理に取り組むことができました。4種類のミネラルウォーターの全硬度、Ca2+量、Mg2+量を算出しましたが、いずれも理論値に近い値が得られました。

 3年女子チームは吸光度測定によるイオン量の決定(NO3-、NH4+、SO42-、PO43-の測定)に取り組みました。例年、島田川の水質調査で行う分光光度計での測定に加え、屋久島研修で使用したピコスコープでの測定も行いました。その結果、イオン種によって分光光度計とピコスコープを使い分ける必要があることがわかり、検量線の作成および試料溶液中のイオン量の決定を行うことができました。

今後それぞれのグループでポスターを作成し、理科棟に掲示する予定です。ぜひご覧ください。

kgk20200727... kgk20200727... kgk20200727...

 

 

SSH   2020/07/27

徳高ジャーナルの更新(ジェイムズ先生離任式)

徳高ジャーナル(ジェイムズ先生離任式)の記事を更新しました。

更新情報   2020/07/27

▲ ページのトップへ