SSH


科学部化学班 公開実験

新入部員の勧誘のために,公開実験を行いました。内容は以下の通りです。

 テルミット反応 信号反応

実験は好評で,多くの新入生が入部してくれました。

 

   CIMG0661.JPG     CIMG0657.JPG     CIMG0654.JPG


SSH   2022/05/16

科学部生物班の活動風景

科学部生物班では、今年度も新入部員を迎えて、1年間の活動計画を立てています。科研費を利用した研究では、1・2年次生を中心として野菜の水耕栽培をテーマにしようと検討しています。また、3年次生は活動時期が限られますが、1・2年次生を指導しながら、昨年度行ったコケと環境に関する研究の追加実験を行っています。新たな発見・成果を期待します。

P4220001.JPG      IMG20220426...      IMG20220426...

 


SSH   2022/04/28

つくばサイエンスエッジ2022全国1位受賞と世界大会出場

3月25、26日に茨城県つくば市で開催された「つくばサイエンスエッジ2022」に本校科学部物理班と生物班の生徒4名が参加しました。全国から選抜された200名の高校生による研究発表が2日間にわたって繰り広げられ、レベルの高い交流が行われました。大学の研究者らによる審査の結果、平良隼涼君が全国1位、柴崎湧人君が全国4位、鶴丸倫琉君が全国12位に輝き、多数の生徒が上位入賞した徳山高校のレベルの高さに周囲の学校から驚きの声が上がるほどでした。特に平良隼涼君は、8月にシンガポールで開催される世界大会「Global Link」に日本代表生徒として出場します。おめでとう!

 

01.JPG     02.JPG     03.JPG

 


SSH   2022/04/21

山口大学ジュニアリサーチセッション

3月21日(月)に山口大学ジュニアリサーチセッションが開催されました。予稿原稿による予備審査の結果,本校から理数科2年次生が2チーム,科学部化学班が2チーム,計4チームが選出され,当日発表しました。

最終審査の結果,化学班の「SDGs環境にやさしいサビの防止法」が優秀賞に選ばれました。

 

DSC_0007-1.jpg    2022-231.jpg    DSC_0011-1.jpg    DSC_0022-1.jpg


SSH   2022/03/28

科学部生物班、京大と岩国市で発表

3月19日(土)に京都大学森里海連環学研究ユニットの主催で、第7回森里海シンポジウムが開かれ、本校科学部生物班3名が参加しました。昨年度に続き、今年度もオンラインで実施されました。午前中は全国の各参加高校がポスター発表を行いました。本校は「エビの生息可能環境から分かる水質の良好さ」を発表し、活発に質疑が行われました。午後は、研究者5名の研究発表にもとづいてパネルディスカッションが行われました。全国各地で抱える環境問題は山口県とも共通のことも多く、身近な自然と人間生活との関りについて考える機会になりました。

翌3月20日(日)には、岩国市ミクロ生物館の主催で「青少年サイエンスセミナー2022春」が開かれ、生物班10名が実際に行ってきました。午前は佐藤奈央子先生(東芝未来科学館)による電気に関する講義と実験が、午後は三浦房紀先生(前山口大学副学長)による防災についての講義と実習が行われました。昼休み前の時間には、参加中学校・高校生による口頭発表が行われ、本校は「水質環境ごとのジャゴケの反応の違い」を発表しました。参加者が小学生から高校生まで幅広いこともあり、分かりやすい発表を心掛けました。

         P3190004.JPG        P3200016.JPG        P3200021.JPG


SSH   2022/03/25

▲ ページのトップへ