課題研究発表会

 2月8日(月)に、SSH「科学技術リテラシーⅡ」の一環として課題研究発表会を行いました。発表会では、2年次理数科生徒が発表者、1年次理数科生徒が評価者として参加しました。各班パワーポイントを用いて7分間の発表、2分間の質疑応答を行いました。どの班もこれまでの研究成果を分かりやすくまとめ、工夫をこらした発表を行うことができました。

 昨年までは1つの教室で発表会を実施しておりましたが、今年度は密を避けるために視聴覚教室(2年次生)とドリカムルーム(1年次生)の2教室に分けて実施しました。ズームを使用することで、リアルタイムでの発表・質疑応答をスムーズに行うことができました。

 今後、2年次理数科生徒は3月に行われるSSH課題研究発表会においてポスター発表を行います。また校外発表会である探究活動報告会(山口市)や九工大主催の高校生課題研究発表会(オンライン)にも参加する予定です。

<研究テーマ>  

1班 落下する物体における落下速度の減衰について

2班 植物の種類とミミズの嗜好性

3班 バッタおよびダンゴムシの異なる波長の光に対する反応

4班 緑茶の発酵と抗菌の関係性

5班 バナナをより甘くする方法

6班 AIで心霊写真を科学する

7班 ラムネから電気を取り出そう!

8班 プラセボ効果の学習への応用

9班 自然現象とお産の関係

 

2021-1.jpg 2021-2.jpg 2021-3.jpg

 


SSH   2021/02/18

▲ ページのトップへ