「課題研究Ⅰ」ポスターセッション

9月8日(火)に理数科1年次のSSH科目「課題研究Ⅰ」でポスターセッションを開催し、3ヶ月間取り組んだ課題研究の成果を発表しました。ほとんどの生徒にとってポスターセッションは初体験でしたが、各班とも工夫を凝らしながら研究内容を説明する姿に感動を覚えました。「とても楽しく発表できた。」という生徒の感想が印象的でした。また、1年次では、総合的な学習の時間を利用したPBL(Project Based Learning;1年次全員で行う課題研究)もスタートしました。こうした発表経験を普通科生徒にも広げ、互いに切磋琢磨していくことを期待しています。

【研究テーマ】(全11班)

「ウサギのふえ方と数列」

「パスカルの三角形との組み合わせ」

「その検査、本当に信じて大丈夫??」

「ロボット型掃除機に眠る数学の話~私の推しはおむすび型~」

「南海トラフ地震が起きたとき私たちは…」

「愛の深さと高さの関係」

「津波の時に波を理解するための研究」

「液状化を支配する砂の粒子」

「秒速2000メートル」

「君たちはどう沈むか…」

「クラウチングスタートは本当に速いのか!?」

 

200918.jpg

 


SSH   2020/09/24

▲ ページのトップへ