科学部生物班観察日記

 科学部生物班では水槽をいくつか置いていますが、このたび新しい仲間が加わりました。  

 まず、マナマズ(ナマズ目ナマズ属 ニホンナマズとも)です。頭部が平べったく、口ひげが特徴です。連日の暑さでおとなしくしていますが、とても食欲旺盛です。餌は生きたミミズを与えています。  

 次に、ウナギ(ウナギ目ウナギ属 ニホンウナギとも)です。現在は体長5cmくらいで、半透明からやや白っぽくなっており、レプトケファルスを過ぎ、シラスウナギの段階と考えられます。

 今後、これらを飼育しながら、生態や行動について実験したいと考えています。

 

P7170014.JPG  P7170011.JPG   

 


SSH   2020/07/29

▲ ページのトップへ