課題研究の受賞と評価

 課題研究は徳山高校SSHの中心的な取組です。徳山高校では「校内科研費」や評価制度により、より質の高い課題研究を実現し、校外発表を積極的に支援しています。科学コンテストなどで高く評価された課題研究は、例外なく生徒本人の継続した努力の成果であり、学校内外における友人、教員、大学の研究者や企業等の協力のおかげです。

 科学コンテストにおける課題研究の評価は、研究のさらなる深化につながるとともに、難関大学の推薦入試等に活用されるなど、進路実現にも貢献しています。

 

1.png -120210513.jpg CIMG0404.JPG 2019.12JSEC... 2019.10九州大学...

 

 

【関連資料】

 ・課題研究支援制度「校内科研費」

 ・冊子「生徒課題研究論文集」(毎年発行する生徒による課題研究の論文集)

 ・リーフレット「SSH通信」(毎年1~2回発行するSSHの取り組み紹介リーフレット)

 ・SSH関連のHP記事

 

New!2022年度

・Global Link2022 日本代表として世界大会の応用科学部門に出場し、世界第2位を獲得!

 「スマホとARを用いた磁場可視化アプリの開発」
 
 
・中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会

  ステージ発表の部 優秀賞(地区2位

 「忍具「些音聞金(さおとききがね)」の物理特性と使用方法の解明」
 
 
・日本動物実験代替法学会高校生研究発表会優秀賞(全国2位
   「モーションキャプチャーを用いて原形質流動を定量観察するシステムの開発」
 
 

・SSH生徒研究発表会 奨励賞(全国7位)・生徒投票賞

 「忍具「些音聞金(さおとききがね)」の物理特性と使用方法の解明」

 

 

New!2021年度

・化学グランプリ 大賞(全国1位)
 
・つくばサイエンスエッジ2022 創意志向賞(全国1位)
 2022年8月に開催されるGlobal Linkに日本代表として世界大会に出場決定
 「スマホとARを用いた磁場可視化アプリの開発」
 
・サイエンステクノ愛2021 準グランプリ(全国2位)
 「スマホとARを用いた磁場可視化アプリの開発」
 
・JSEC2021 ファイナリスト・朝日学生新聞社賞(全国11位相当)
 「モーションキャプチャーを用いたブラウン運動を定量観察するシステムの開発」
 
・日本学生科学賞 山口県最優秀賞(県1位
 「忍具「些音聞金(さおとききがね)」の物理特性と使用方法の解明」
 
・サイエンスキャッスル関東大会 ミスミ賞(地区2位
 「AIスマート白杖の開発」
 
・やまぐちICTコンテスト
 プログラミング部門1位「スマホとARを用いた磁場可視化アプリの開発」(県1位
 プログラミング部門2位「AI検温くんの開発」(県2位)
 プログラミング部門3位「しぇありぶの開発」(県3位)
 

2020年度

・SSH生徒研究発表会 生徒投票賞
 「感覚情報に特化したAIの開発と応用」
 
・サイエンステクノ愛2020 健闘賞(全国9位相当)
 「感情を可視化する新しいペンライトの開発」
 
・化学グランプリ2020 中四国地区支部長賞
 
・科学の甲子園山口県大会 第3位(県3位)
 
 

2019年度

・化学グランプリ2019 奨励賞

・第12回日本地学オリンピック本選出場

・第30回日本数学オリンピック本選出場

・中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会

  ポスター発表の部(生物分野) 最優秀賞 「瀬戸内海で発見!新種の石油分解菌」

・科学の甲子園山口県大会 第3位(県3位)

・第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2019)

  竹中工務店賞(全国9位)

 「2つのAIを用いた打音による検査システムの開発」

 

2018年度

・化学グランプリ2018 銅賞

・日本生物教育会(JABE)第73回全国大会山口大会

  高校生ポスター発表 最優秀賞 「下を向くクモの上向きなウェブデザイン」

・中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会

  ステージ発表の部 優秀賞(地区2位

 「親子風車(かざぐるま)の回転と軌道に関する研究」

・科学の甲子園山口県大会 第1位(県1位)→全国大会出場

・平成30年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18

  ポスター発表の部 審査員特別賞

 「食品廃棄物によるバイオエタノール生成の研究」

・九州工業大学高校生課題研究ポスター発表会

  正課部門化学分野 プレゼンテーション賞

 「含硫アミノ酸によるコウジカビのビオチン生成量の変化」

・京都大学ポスターセッション2018

   優秀ポスター賞

 「Deeplearningを用いた画像認識の研究と応用」

 

2017年度

・日本生物学オリンピック2017 銅賞

・サイエンスやまぐち第71回山口県科学作品展 入選

・日本学生科学賞山口県審査 優秀賞

・第6回山口県理数教育研究大会 最優秀賞(県1位

 「親子風車(かざぐるま)の回転と軌道の研究」

・平成29年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18

  ポスター発表の部 金賞 「親子風車(かざぐるま)の回転と軌道の研究」

  ポスター発表の部 審査員特別賞 「ニホンコウジカビの生育環境によるビオチン生成量の変化」

 

2016年度

・化学グランプリ2016 銅賞

・科学の甲子園山口県大会 第1位(県1位→全国大会出場

・サイエンスやまぐち第70回山口県科学作品展 入選

・日本学生科学賞山口県審査 優秀賞

 

2015年度

・科学の甲子園山口県大会 第1位(県1位→全国大会出場

・サイエンスやまぐち第69回山口県科学作品展 優秀賞

・日本学生科学賞山口県審査 最優秀賞(県1位

・  〃    全国中央審査 入選二等

 

 

2014年度

・科学の甲子園山口県大会 第1位(県1位→全国大会出場

・サイエンスやまぐち第68回山口県科学作品展 優秀賞

・日本学生科学賞山口県審査 最優秀賞(県1位

 

2013年度

・化学グランプリ2013 銅賞

・未来の科学者養成講座&次世代科学者育成プログラム 「全国受講生研究発表会」 優秀賞

 

2012年度

・日本学生科学賞県審査会 奨励賞

 

▲ ページのトップへ